Skip to content

新型コロナウィルスによる、患者の隔離室内汚染分布

2020年3月30日

一般病院で感染者を受け入れるために参考になる論文
注目点:トイレ、床、靴の汚染。

Air, Surface Environmental, and Personal Protective Equipment Contamination by Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 (SARS-CoV-2) From a Symptomatic Patient

出典:S. W. X. Ong et al., ‘Air, Surface Environmental, and Personal Protective Equipment Contamination by Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 (SARS-CoV-2) From a Symptomatic Patient’, JAMA, Mar. 2020, doi: 10.1001/jama.2020.3227 .

論文ポイント

この論文では、3人の患者を空気感染隔離室(airborne infection isolation rooms)に隔離し、室内の表面からと空気からサンプリングを実施し、PCRでSARS-CoV-2の遺伝子を検出したものです。二日おきに高い位置(high-touch areas)は、5000 ppm のジクロロイソシアヌル酸ナトリウムで掃除し、床は毎日1000 ppm のジクロロイソシアヌル酸ナトリウムで毎日清掃している。掃除前にサンプリングした1人の患者のケースでのサンプルで、部屋のいすや、ライトスイッチ、床、トイレのドアの取っ手、トイレのシンクの内部;および、この隔離室の換気扇等で検出されている。部屋の前室(Anteroom)の床では検出が無かったがスタッフのPPEサイト(おそらく、個人保護具の着脱サイト)で、靴の先端表面で検出されている。

コメント

3人の患者が隔離されたのは、一般の部屋ではなく、空気感染を防止専用の隔離室であるが、軽度の感染者にあっても、部屋内に汚染が広まることを示している。ただし、掃除の効果は認められている。

換気扇で汚染が認められたということから、airborne (空気中に漂う粒子への付着または取り込み)による拡がりが懸念される。ただし、検出方法から見て、ウィルスが感染能力を保持していたかどうかは明確でない。

また、持効性のジクロロイソシアヌル酸ナトリウムで毎日掃除しているにもかかわらず検出されている(この清掃が少なくとも直後に有効なことは他の患者のデーター掃除後サンプリングした場合ネガティブであったことからうかがえる)。 同薬剤は、プール用の殺菌剤として広く使用されており、新型コロナウィルスのアルコールの代替消毒剤として推奨されている次亜塩素酸ナトリウムと同等である(次亜塩素酸を使用時に放出する)。

Staffの靴の表面にPPEサイトで検出されていることから、空気感染隔離専用に用意された施設で専門スタッフによってでも靴によるウィルス伝搬の危険性を示唆している。もっとも、著者は次のようにそのリスクは小さいと言っている。

The positive PPE sample was unsurprising because shoe covers are not part of PPE recommendations. The risk of transmission from contaminated footwear is likely low, as evidenced by negative results in the anteroom and clean corridor.

関連論文

[1] W. Wang et al., ‘Detection of SARS-CoV-2 in Different Types of Clinical Specimens’, JAMA, Mar. 2020, doi: 10.1001/jama.2020.3786.  患者の糞便からウィルス検出。

[2] J. Barker and M. V. Jones, ‘The potential spread of infection caused by aerosol contamination of surfaces after flushing a domestic toilet’, Journal of Applied Microbiology, vol. 99, no. 2, pp. 339–347, 2005, doi: 10.1111/j.1365-2672.2005.02610.x.  住宅トイレでフラッシュ時に汚染されたエアロゾル発生(COVID-19による検出でないが)

No comments yet

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。