Skip to content

ECHA ENES情報を公開

2013年3月29日

化学物質(chemical)とその使用取扱(use)を管理する欧州の化学品規制であるREACHの重要な要件である曝露シナリオに関する知識, 技術, 手法に関する情報を交換するために, ECHAと経済部門(セクター)の団体 CeficやConcawe, Eurometaux, Fecc, A.IS.E, DUCCで構成されるENES(曝露シナリオ情報交換ネットワーク)に関する情報が公開されています.

曝露シナリオは「安全な使用取扱の記述」であり, REACHがリスクベースの規制にさらに踏み込んだ一つの象徴です.

このネットワークは2011年11月に第1回が開かれ, 2013年5月に第4回の会合が開かれるようです. この情報については次のECHAのページから閲覧できます.

http://echa.europa.eu/about-us/exchange-network-on-exposure-scenarios

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。